モデルのような理想的な体型を手に入れたい人へ

食べ物の注意点

人間には基礎代謝という寝転がっていても消費するカロリーがあります。成人男性で1500程度、成人女性では1300程度だといわれています。ですから、健康的にダイエットをする場合には摂取カロリーをこの数値もしくは100キロカロリー程度少なく見積もることで設定できるようになっています。
基礎代謝は内臓を動かすために最低限必要なカロリーです。それだけ分の食事をとっていたとしても、人間は仕事や家事や遊びで基礎代謝以上にカロリーを消費するようになっていますから、そうして消費した熱量の分だけ体重が減少していくということです。

ダイエットというと我慢に我慢に我慢の連続というイメージが強くありますが、実は食べ物のカロリーだけでなく栄養素にも注目することによりしっかり食べているのに太らないという夢のような状態を生み出すことができるようになっています。
人間の体は食物からエネルギーを摂取していますが、主なエネルギーとなる食べ物は主食=炭水化物です。ご飯、パン、パスタ、シリアルなどは炭水化物です。これは少量でも十分にエネルギーとなって体を動かしてくれるものであり、燃費が良いです。その代わり、少量で体が十分に動くことと満腹になることとは違います。このズレによって食べ過ぎや飲み過ぎに肥満が生み出されるようになっています。
ダイエット中は出来る限り炭水化物を控え、葉物野菜やタンパク質の多い肉類、魚介類を多く食べるようにしてください。
世の中には一見ヘルシーそうに見えて炭水化物や糖質の量が多い食品が含まれていますから、なんとなくヘルシーそうだというイメージはやめて、しっかりと成分表とにらめっこしながらダイエット用の食事を決めるようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加